前神寺|西条市観光なら|一般社団法人西条市観光物産協会へ

お知らせ&トピックス

前神寺

寺社・仏閣・霊場 2011.01.26

   
  
  
石鈇山金色院といい、本尊は阿弥陀如来。四国霊場64番札所。
もとは石鎚神社の地にあった。奈良時代の役小角(えんのおづぬ)の開創後、弘法大師も石鎚山の弥山にて修行された。桓武天皇の勅願寺で、近郷随一の大伽藍であったが、明治2年から一つ東の谷に移り現在に至っている。山門の手前に赤銅色の一対の狛犬(こまいぬ)が鎮座している。また、寛政7年(1795年)伊予路を訪れた一茶が、桜が満開の前神寺で詠んだ句「御百度や 花より出でて 花に人」の句碑が残されている。