一宮神社|西条市観光なら|一般社団法人西条市観光物産協会へ

お知らせ&トピックス

一宮神社

寺社・仏閣・霊場 2011.01.27

  
古代より橘郷を代表する郷社で、大山祗神他一神を祀り、橘新宮神社と結びついていた。その後大山祗神は大三島に遷り、臍の緒の神のみを祀る村社となるが、その後は不明。
江戸時代の元和年中(1615年~1623年)に西泉新開が拓かれると、新宮神社と石岡神社の氏子争いや領域争いが起こっている。寛文10年(1670年)西条藩主の裁定で、昔の橘郷領域により、西泉村は氷見石岡神社の氏子と定まり争いは決着した。
元禄9年(1696年)建立の棟札が残っている。