覚法寺|西条市観光なら|一般社団法人西条市観光物産協会へ

お知らせ&トピックス

覚法寺

寺社・仏閣・霊場 2011.01.27

  
浄土真宗歓喜山覚法寺、本尊は阿弥陀如来である。もとは野々市にあったが、天正の陣の戦火にあったため、慶長年間(1596年~1615年)に坂元城主石川織部正がこの地に移築したと伝えられる。
山門は小松藩一柳氏陣屋の通用門を移築したものである。境内の鐘撞堂は、昔、野々市にあったケヤキとクスの大木で建立したという。