香園寺|西条市観光なら|一般社団法人西条市観光物産協会へ

お知らせ&トピックス

香園寺

寺社・仏閣・霊場 2011.01.28

    
   
四国霊場61番札所香園寺は、用明天皇の病気平癒を祈願して、聖徳太子が開創したと伝えられる古刹で、本尊は大日如来坐像。その後、大同年間(806年~810年)に弘法大師が中興した。
大師が来錫(らいしゃく)の折、難産に苦しんでいる婦人を救うため、栴檀(せんだん)の香を焚いて祈願したところ、元気な男の子が生まれたことから、「子安大師」として信仰を集めている。
境内には、平成7年に山頭火の句碑が2基建立されている。