安養寺|西条市観光なら|一般社団法人西条市観光物産協会へ

お知らせ&トピックス

安養寺

寺社・仏閣・霊場 2011.01.31

  
明穂地区にある、真言宗高野派の古寺。寺伝によると延暦13年(794年)創建とあり、古い由緒ある寺で、伊予河野家累代の祈願所であったと伝えられるが、正確な記録はない。本尊は阿弥陀如来(平安末期の作と推定される)、脇仏は毘沙門天と十一面観音。また古い仁王像があり、戦国時代に兵火にかかって焼けたという傷が残っている。
現本堂は安政年間に修復したものであり、庫裡(くり)には小松藩3代藩主一柳直卿公の扁額がある。昭和29年に鐘楼が、昭和60年には仁王門が完成した。