興雲寺|西条市観光なら|一般社団法人西条市観光物産協会へ

お知らせ&トピックス

興雲寺

寺社・仏閣・霊場 2011.01.31

  
金龍山興雲寺は、大宝2年(702年)の開基で、一時、明穂の三嶋神社を司宰し、現存の仏堂には三嶋神社から遷座した本地仏が祀られている。
安井にあった末寺禅乗寺は松本豊後守の開基で、過去帳が今に残っている。山門左側には、天保(1830~1844)以前の作とされる露座の地蔵菩薩が鎮座する。古文書は軸にしてまとめられ、開基縁起などが数多く保存されている。