香積寺|西条市観光なら|一般社団法人西条市観光物産協会へ

お知らせ&トピックス

香積寺

寺社・仏閣・霊場 2011.01.31

山号を妙喜山と称し、臨済宗妙心寺派、本尊は薬師如来。鎌倉時代の創建で、九鸞和尚による開山という。天正の頃、剣山城主黒川美濃守通博の室が妙寿尼と号して、この寺に住んだと伝えられる。天正13年(1585年)黒川氏は滅亡し、寺は衰亡し小庵になっていく。堂内には、美濃守通博と妙寿尼の位牌が祀られ、境内には黒川一族の墳墓が数基残る。