佐々久神社|西条市観光なら|一般社団法人西条市観光物産協会へ

お知らせ&トピックス

佐々久神社

寺社・仏閣・霊場 2011.02.01

道前平野の西寄り、旧東予市と旧丹原町の境辺りの小高い丘を佐々久山という。その丘の中央にある佐々久神社は、仁徳天皇の崩御に際し、万民がその徳を慕って建立したものと言われている。周桑地域にある延喜式神社3社の内2社が吉岡地区にあり、そのうちの一つで、祭神は大鶴鷺尊(おおさぎのみこと)、神八井耳命(かみやいみみのみこと)。
また、佐々久山は南北朝時代の古戦場であり、伊予の守護職・河野通堯とその義弟・西園寺公俊の墓がある。両将の位牌は安用の善光寺に安置されている。